新着情報

HOME › 新着情報

嵌め合い構造化事例:角パイプ編②ー2

2022.4.26

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日のテーマ:【ホゾ溝形状による位置合わせ】



土台となる部分を形状に合わせます



柱部分となる部品と土台部に双方に形状を持たせます

これらを設計段階で行い、レーザー加工で行います。

これらの一工夫による
製造コストの削減や余分な管理コストの削減を行うことができます。

形鋼・パイプで溶接作業による歪などが非常に課題となり、
溶接時間より仕上げ工数の方が多くかかっているなんてこともあります。

弊社の加工方法のご提案ではそれらの作業を最小限に少なくすることができる
【ホゾ溝形状による位置合わせ】
をご提案させていただきます。

現場での作業改善となり、こららによる工数削減をできるだけでなく、
更なるアイテム確保にもつなげることができのではないでしょうか。

本日もご覧いただきありがとうございます。
来週も引き続き加工方法のご提案をしてまいります。

形鋼・パイプ 加工革命
金型レス加工
リニアドライブ・ファイバーレーザマシン
技術力
技術力
設備力
設備力
組織力
組織力
トーカイサポートイメージ

CONTACT

Copyright ©TOKAI SUPPORT Limited.
All Rights Reserved.